過食嘔吐したいのを必死で我慢してる

渋谷で視覚障害者が協力を求めていたので声をかけたら酷いモラハラに遭った。
物理的距離感の違和感は視覚障害によるものだと思っていたけど、今考えると知的・発達障害の傾向があったように思う。
だから仕方ないよね、なんて思えないくらい本当に怖かった。途中まで道を教えてほしいと言われただけなのに結局目的地までずっと腕を離してくれないし、距離は異常に近いし、ずっとブツブツクチャクチャ言ってるし、誇張ではなく2秒に1回近くに何があるかしつこく聞いてくるし(見えないから不安なのは分かるがほとんど進んでいないのでだいたい直前と同じ建物の名前を言うことになる、そうするとキレられた)。
私も目的地が分かるわけではないからGoogleマップを見ながら歩いていたし、特に今の渋谷は再開発で行くたびに道が塞がれていたり今までわたる必要のなかった歩道橋を使わなければいけなかったりするから、途中で止まってマップを確認する時間が欲しかった。けれどそれを伝えるとキレられた。


単体としても私の理解の範疇を超える理不尽な出来事で身体中が「無理」で埋め尽くされるくらい辛かったけど、15歳の時に家の横で道を聞かれて途中までついていきますよと言ったらそのまま強姦未遂に遭ったのを思い出して本当に最悪だった。善意を持って生きるのやめたほうがいいのかな、簡単に人を信じる私がいけない?困ってる人を見過ごせないこの性格がいけないんだろうか。タクシー乗り場に連れて行かなかった私が悪いの?


朝から自分以外のものが原因で何も上手くいかなくて最悪な1日だった。最悪な1日をどうにかしたくて高くて美味しいパンをたくさん買ったりカラオケに行ったり心のままに食べ物を胃に詰めたりした。それでも全然無理だよ。全員死んじまえ。