読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/20〜3/26

3/20
五度寝。シャワーを浴びて髪を巻き、新しいワンピースを着てばっちり化粧をした。

予定していたお店が貸切で入れず、隣駅まで歩いてパンケーキを食べた。
女の子は同じ言語で話すから好き。恋愛とか出会い系とか前略プロフとか変なヘアクリップ前髪につけるのが流行ったとかデコったコンコルドつけてたとか、ほぼ何も通ってきてないけど全部ちゃんと懐かしくて可笑しい。


3/21
気圧に殺される…
それでも最近憑き物が取れたみたいに元気で、こないだ久しぶりに接触に行ったら大森さんにまで顔色よくなったねと言われてしまった。空元気かもしれないけど。

カルテットが終わってしまって寂しい。


3/22
職場取り壊しのための引越し準備→出張→引き継ぎ→送別会。
別分野への転職のため辞めてしまう先輩を見て、同期とはやく転職したいねという話をした。自分が何をやりたいのか、何ができるのかすらまだ分からないけど、30歳のときにやっている仕事を一生続けられたらいいよねという結論にいたった。

どんなに美しい言葉を使っても、行動が壊滅的なら意味がないと思っているから、生命行動より死回避行動を優先すべきだと思っている。低次の欲求が満たされていないのに高次の欲求を満たそうとしてもピラミッドが崩れるだけだし、穴の開いたバケツは水を入れる前に塞ぐ必要がある。順番が逆だよと思うことがよくある。


3/23
異動が決まってからとにかく何もやる気がでない。だって何したって異動するじゃん。

何日か前に課長と係長から今日来るようにと呼ばれていた。怒られたわけでも罵声を浴びせられたわけでもなかったけど、想像以上に心が疲弊する内容の面談で、もう辞めたいという気持ちでいっぱいになり、帰って寝込んだ。

本来誰でもできるような仕事しかできない人間が誰でもできないことをやっているのでものすごく無理をしているし、それだけでお金をもらってもいいだろうと思ってしまうほど私はめちゃくちゃ自分に甘い。

6年もかけて掴み取った仕事だから後悔はしていないしなんとなく辞めにくいし何より生活にならないから選ばないけど、本当はもっと誰でも、バイトでもできるくらいの仕事がしたい。
せめて毎日同じ環境で同じ人たちと仕事をしたり1日のうちに誰とも話さず黙々と作業する時間があったり同業者に相談したり別分野の専門家と一緒に何かをつくったりする仕事がしたい。今の仕事は毎日別の場所で別の人を相手にするし自分以外全員クライアントになり得る環境だし同業者は一人もいないし枠がないのに自分のペースというものもなくて、すごく特殊で向いてないなーと思うことが多い。

去年、先輩という先輩に、新卒でこの仕事を選ぶのはすごいねと言われたことにピンときていなかったけど、今ならすごく分かるしたぶん私も後輩に同じことを言うだろう。同期の新卒で入った子は私以外全員辞めた。転職した人は口を揃えて「働いてると麻痺して特に何も思わないけど、他を見るとなんて温かみのない仕事なんだろうって思うよ、別分野で働くとなんてあったかい職場なんだろうって感動する」と言うから余計につらい。いつだって逃げることを考えているから、私もはやくそっち側の人間になりたいな。

何をとってもとにかく私のものではない感じがする。環境の違う同業の副業で、ある程度評価されているのが唯一の救いだ。この職種が向いていないわけじゃないんだって気持ちになれる。


3/24
副業。

昨日のことをずっと考えていた。
そもそも在学中に“修行”をするから卒業後即資格の受験できる大学院がほとんどの中、私が通っていたのは「卒業後に1年間の修行期間」を経ないと受けられないところで、今年1年間は修行の年だったんだからスキルがなくたって仕方ないよと思えて少し楽になった。

お昼休みに同い年の人(私は週1の副業、彼女は本業なので同期と言っていいのか分からない)が、「辞めたからといってやりたいことがないから続けてるだけで、本当はこの仕事向いてないんです、支えが欲しすぎるから私がカウンセリングを受けたいし人と話したり協力したり段取りつけたりするのとかもう嫌だ…本当は何かを作ったり花を売ったりしたい」と言っていて、全発言に共感した。
疲れてますねと言い合ったけど、1年目はみんなこんなに悩むものなのか、この仕事がおかしいのか分からない。

ここ2年弱安定していた生理周期が、ごはんをちゃんと食べているにもかかわらずめちゃくちゃ乱れ始めた。昨日の鬱もPMSのせいでこんなにも生活を支配されているのかと思うとバカバカしくて泣きたくなった。

金曜ロードショウで「おおかみこどもの雨と雪」を見た。見るのは二度目だったけど、何度目でも同じシーンで泣いてしまうと思う。


3/25
歯医者を終えて祖母の病院へ。

そのまま実家に帰って焼肉を食べに行った。大量に頼んだ肉をサバンナのように取り合い、光の速さで食べ終えた。
いつの間にか、弟は煙草を吸い就活をしていて妹はラクロスの関東ユースに選ばれていた。


3/26

一人暮らしを始めてちょうど1年経った。料理と掃除がほんの少しできるようになった。

昔から、表出がうまくいかず怒られたり見放されたり後悔したりすることが多い。言わなくていいことまで全て言って後悔するか、言わなきゃいけないことも何も喋れないかのどちらかしかできない。
一週間かけないと事実を羅列するだけの日記も書けないくらい、自己表出に偏りがある。伝わりあっていない感覚は分かるのに、軌道修正できず暴走、のちに崩壊する、ということを何度もやっている。

「今のやりとり、全然伝わってなさそうだけど女子会なら成り立つよな」とよく思うのは、女子会が一般的に「同じテーマに沿って各々言いたいことを半ば一方的に言う」=会話のベクトルが→←ではなくて、→→でも成り立つスタイルだからで、私の躓きはそれを別の場面でも適用してしまうことが一因なのかもしれないなーと、ふと思った。

加えて感情や気持ちと語彙を結びつける能力が欠乏しているところも繰り返す意思疎通の滞りに繋がっている気がするし、喋るのが苦手だからとニュアンスを伝えるようなことを文字で伝えようとしがちなことも良くなかった気もする。

反省点を並べても仕方ないし、もう戻れない関係になってしまったものもあるし、数えきれない後悔も何一つなかったことにはできないから、一つ一つ潰していくしかないんだよな。

このブログも、いつかいらないことまで言ってしまったと、後悔するときがくるんだろうか。