6/12〜6/18

6/12
朝、満員電車の中で意識を失って、ケータイだけ電車の中に取り残された。ケータイは多摩センターに届いていたけれど、おかげで本当はお昼に送ろうと思っていたLINEが夜まで送れなくなってそわそわした。
多摩センターはどこもかしこもサンリオで、可愛くて懐かしくてムカついた。


6/13
一日中体調が悪かったけど、夕方雨が降って来たからそのせいにできたのでよかった。私はなんでもかんでも天気と季節と気圧のせいにする。
一人の人間の人生を決める書類を作っているのにその日のコンディションでクオリティが異なるから申し訳ないなと思う。そう思いつつ最低限のクオリティの書類を定時ギリギリにあげてさっさと帰った。


6/14
社会人になってから初めて発熱で仕事を休んだ(これまでは怠惰か夏休み)。
38〜39℃が続いて死ぬかと思った。不謹慎だけど、エビ中のりななんのことをずっと考えていた。大森さんはラジオで死は隣り合わせだから明日死ぬと思ってとかそういうことじゃないみたいなことを言っていたけれど、いまこの状況で死んだら嫌だなあ。私しぶとく成仏しないと思う。


6/15
熱は続いたし、下痢と吐き気で初めて救急車を呼んだ。こんなことで呼んですいません、しかも連れていかれたのはうちから徒歩5分の病院だったからなおさらそう思った。タクシー呼べよ。

かつてものすごく憎んでいる相手がいて、その人が体調不良やうまくいかなさを嘆くたびにあのときのお前の行いと私が毎日少しずつ呪いをかけてるからだよって思っていた。
お腹が痛くなるたびに、私のことが憎くてたまらない誰かにそう思われてるんだろうなあと考えていた。まあでもたしかに日頃の行いと呪いなんだろうな、私は死ぬほどお腹が痛いよ。


6/16
起きて、仕事を休む連絡をして、寝て、起きて、病院で点滴を受けながら寝て、帰ってきて昼寝して、母の作り置いたご飯を食べて寝た。
満たせる欲求が睡眠欲しかないとこんなに眠るかというくらい眠った。夜は眠剤を飲んでも眠れなかったし、眠っても途中で起きた。


6/17
さいあくななちゃんの展示に行った。小さな箱いっぱいにななちゃんの絵が敷き詰められていて、きらきらしていて、ピンク色で、「すごかった」。長居したらきっと息苦しくなると思って、何回か休憩を挟みながら見た。
「すごかった」、頭が悪くて語彙がないからこれ以上の感想が出てこないのがつらい。伝えることが本当に下手だよね、今日も言われたけど。このブログは誰かに伝えるために書いてるわけではないけれど。
大阪は東京より100枚くらい多く展示していたらしい。貼るところがなくて床にも敷き詰めたけどそれでも貼れなくて、あと100枚倉庫に入ってるってななちゃんが言っていた。

今日はいつどこで誰と(誰と?)会ってもいいように(ほとんど狙って行ったけど)朝からせっせと髪を巻いてポニーテールに濃いピンク色のリボンを付けて、後れ毛や前髪の1ミリに悩んで(前髪を切ったら切りすぎたのでとてもつらい)赤いワンピースを着て出かけた。
久しぶりに外出したから、あまりに疲れて帰宅後3時間も昼寝をした。

夜は急遽人がうちに来た。AKBの総選挙を見て、あとはバカなオウムみたいに、ずっとおなじことを言っていたと思う。


6/18
消化のいいもの、米とかうどんとかばっかり食べているからお腹周りに肉がついた。
女子をしよう!と思い立って昼過ぎに下着を買いに行った。男の子は男子をしよう!と思い立ってパンツを買いに行ったりするんだろうか。それともみんな何も考えずにユニクロカルバンクラインかあるいは親の買ったよく分からないパンツを履いているんだろうか(うちの弟はショッキングピンクやターコイズブルーのボクサーパンツを履いている、趣味が悪い)。

さいあくななちゃんの個展にもう一度行った。昨日買わなかった画集をやっぱり買おうと思った。
帰りにSWIMMERに寄ったけど、可愛すぎて私には買えなかった。ああいうのは好き、でも買えない。高校生のころヒエラルキーの高い女の子たちはマリークワントのポーチを持っていて、真ん中くらいの子たちがSWIMMERを持っていた。私は友達についていったSWIMMERで一番SWIMMER感のない比較的シンプルな黄色いポーチを買ったけど、恥ずかしくて一度も使えなかった。マリークワントは大学生になってから買った。中学生の頃流行ってた香水も大人になってから買った。でもSWIMMERだけは一生買えない。なくなっちゃうし。

広告を非表示にする