1/15〜1/21

1/15
口遊む曲だけが私の気持ちを教えてくれる。
今日も私が少しだけ欠けていることが、嬉しくもあり寂しくもある。TwitterもLINEもしんどくて、ほとんどすべての連絡を無視している、ごめんね。

給料日。妹と美味しい魚卵を食べに行く約束だったけれど、あいにくの定休日でそこそこの魚卵を食べた。

f:id:nncn444:20180122004624j:image

1/16
毎朝あと8時間寝たいと思いながら出勤する。
買って1ヶ月の鞄の持ち手が壊れ、クラッチバッグのように抱えて通勤。悲しい。こういうときのために鞄にちょっと高いチョコレートを忍ばせておく。私って本当に私のご機嫌取りがうまい。

週1日のバイトは、お金にならないけれどただただ得意で、評価されて、楽しくて、朝が早い以外の精神的負担がほとんどない。来年度はもう少し割りのいい仕事に変えようかと思っていたけど、あまりに向いているので迷っている。

新しく始まったドラマ、開始1分で鳩尾の奥から何かがこみ上げてきそうに苦しくて叫びたくなった。一切記憶のない、私の頭の中だけの、空想のトラウマがたくさんある。

1/17
ここへきて年末から続く暴飲暴食によるダメージがきた。貧相な体がただみすぼらしい体になっていく。

夕方から雨。
雨にめっぽう弱くて、心がダメになる。考えなくていいことばかり考えてしまう。例えば性愛のこととか。帰りにチョコレートを買って一気に食べた。

今月も半分終わってしまったけれど、今年の目標を考える。
①ときめく服を買う
②化粧品や肌にお金をかける
③学会や研修に参加する
④手話を勉強する
⑤楽器を修理に出す
⑥映画を50本見る
⑦国家資格をとる
⑧目的のない旅行をする
⑨日付が変わる前に布団に入る
PMSで人に迷惑をかけない

1/18
就寝時間を早めるために、ドラマ(大好き)(心のオアシス)(生きがい)の前の番組と皿洗いを諦めることにした。ドラマの前に夕飯とお風呂を済ませ、ドラマが終わったら即布団に入る。皿は翌日洗う。
日中あまりの眠さで木偶の坊にならないためには、11時就寝7時起床が理想だけど、難しいよなあ。

「あの時」の話をされたり聞いたりする度、ぬいぐるみとお人形と空想の友達だけが住む小さなお城が崩壊する。私も任天堂の新しいゲームにときめきたい。

1/19
朝、温めた牛乳を飲むだけでQOLがぐんと上がる。

金曜日。手を離した操り人形のように関節に力が入らなくなり、内臓が溶け、皮膚が溶け、ふにゃふにゃになってそのうち床の染みや布団の染みになる想像で今日を乗り切った。お金をもらっていても、私毎日ボロボロなんですって泣いて叫ばれるのは結構キツイ。
帰宅してすぐベッドに飛び込んだ。吐く息と一緒に身体中の悪いものが全部出て、圧縮機にかけられたみたいにぺしゃんこに潰れて、新鮮な空気で息を吹き返す想像を何度もした。

1/20
大森さんの中野サンプラザ公演。今回のツアーは別府、大阪と3箇所目だったけれど、ピアノでの演奏が聞けて嬉しかった。大森さんは、ピアノにコンプレックスがあるからギターの方が好きだと言っていたけれど、私は大森さんのピアノが好き。
POSITIVE STRESSのイントロで涙が溢れた。東京と今日のサビのメロディラインがすごく好き。青柳さんの魔法陣に何度も何度も感動した。
今日はどうしてもこの曲が聞きたい!と思ってライブに行く日はあまりないけれど、ライブに行って、歌を聞いて、ああ私、今日はこの曲だったのねと思うことは頻繁にある。今日は「魔法が使えないなら」だった。
何かを聞くと思い出す季節があるように、何かを聞くと思い出す部屋があるように、何かを聞くと思い出す人がいるように、大森靖子を聞くと思い出す遣る瀬無さや「あの日」がある。そんなことを考えていた。

ライブ後は飲み会に参加した(企画してくれた人、ありがとう)。毎回いろんな人と話したいなあと思うのだけれど、すでに知っている人の安心感や動くことのめんどくささでいつも結局最初の場所から動けないでいる。
帰りは乗る電車を間違え、友人夫妻の好意で家に泊めてもらった。パジャマもお風呂も借りて歯ブラシをもらって、コンタクトの洗浄液まで買ってきてもらった…図々しさ日本一かよ…
他人が生きてきた日々や他人が生きていく日々に思いを馳せる。みんな手を握ることもできないままどこかへ行ってしまうね。明日で大森靖子に出会って丸4年です。

f:id:nncn444:20180122004655j:image

1/21
図々しさ日本一なので、昼過ぎまで友人夫妻の家でだらだらしたりご飯をいただいたりお子と遊んだりして過ごした。

25歳が終わる。誕生日が1日違いの大好きなサックス奏者が月1でやっているバーの営業日。一緒にお祝いしてもらうのも今年で3年目。3度目のキルフェボン、今年は濃厚チョコレートケーキも。ありがとうね、ありがとう!
毎年あのときのあの人の年齢に追いついて追い越していく。私が生きてきた日々や私がこれから生きていく日々に思いを馳せる。26歳は後半にいいことがあるよ。分からないけど、なんとなく。

f:id:nncn444:20180122004721j:image

f:id:nncn444:20180122013741j:image