2/27

目覚ましが鳴るずっと前、6時半に起床、いつもと同じじゃん…と思って二度寝。9時に起きて10時までSNSや通販サイトを見ながらベッドの中で微睡む。気分は完全に土曜日…!最高!
余裕があるのでいつもの3倍時間をかけて化粧をしていたら余裕がなくなって結局ドタバタと家を出る。A3サイズのコピーをしなくてはいけない用事があってコンビニに寄ったけれど、2度もコピーを失敗して20円と紙2枚を無駄にしてしまった。郵便局でやりたいことが3つあったのに、2つ家に忘れて1つしか出来なかった。私はもっとバカの自覚を持って生きた方がいいのかもしれない。明日の出張前に郵便局に寄るのを絶対に忘れないようにしたい。
郵便局で用を済ませて今日行くライブのチケットを発券し、電車に飛び乗る。乗り換えの駅のマクドナルドでエッグチーズバーガーとホットアップルパイを食べた。ハンバーガーのピクルスが食べられるようになった時、大人になった気がしたよね。平日昼間のマクドナルドには、未就学児とその母親、春休みであろう大学生、テスト期間であろう女子高生、高齢者の夫婦、アジア系の外国人がいた。これから出勤する人はどれくらいいたんだろうか。
少し時間があったので駅ビルのお洋服屋さんで黄色いスカートを試着した。あまりに可愛かったので購入を検討したい。この春は黄色いものが気になっている。

本当に今日は平日なんだろうかという気持ちを抱えたのも束の間で、いつもなら1日かけてやる仕事を3時間でやらなくちゃいけなくて、とんでもない量のアドレナリンを出したらとてつもなく疲れた。それでも仕事は2/3くらいしか終わらなくて、でもどうしても残業はしたくなくて、残りはメールするので!と言って足早に職場を後にした。

会場まで向かう電車の中で良いnoteを読んだ。
https://note.mu/antitrenchmania/n/nfef90437d3df
めっちゃわかる、すごくわかる、本当にわかる。いつまで経っても思春期の頃抱えていた“周回遅れ”みたいな気持ちがべったりとこびり付いている。経験しなくてもいいことばかり経験してしまって、みんながふつうに経験していることなんて一つも経験していないんじゃないかと思うことすらある。そんなことないって分かってはいるけれど。

Zepp Tokyo大森靖子×銀杏BOYZ。高校生ののとき好きだった女の子がカヴァーしていた銀杏BOYZ。ドリンクを替えて、会場の後ろを2往復、上手の後ろの方に落ち着く。一曲目、大森靖子バンドで峯田さんが歌って、たくさんの腕の上を人が転がって、オレンジの光が差していて、すげー綺麗!って思った。途中で大きい音に疲れてしまって、廊下にでて休憩したり中に入ったりしていた。静かな場所を求めてトイレに入ったら隣で誰かが嘔吐していて、廊下にでたらカップルがいちゃついていた。そもそもライブハウスに来て音がでかいという理由で情緒不安定になるなんて本末転倒だし、生活を忘れるためのライブハウスにも居場所がないと落ち込んでしまった、とてもつらい、とてもつらい。ライブはよかったのにとてもつらくて、どうなってるんだよ。
終演後にむしゃくしゃする、殴らせろと言っていたら、欲求に応えてあげられなくてごめんねと言われた。可愛い女の子がチューする?って言ってくれたのに、今はそれじゃない!殴らせろ!と言っていたの、本当にどうかしてたと思う。
そのまま会場から少し歩いたところにある笑笑へ。ご飯を食べたらすっかり元気になってしまった。なんとお腹が空いていただけだった!人殴らなくてよかった〜チューしておけばよかった〜

まだ火曜だということを思い出す。今から帰ってお風呂に入って髪を乾かすと思うと気が滅入る。アイスが食べたいけど我慢する、そしてなるべく早く寝る。